Noblog 毎日が映画記念日

今日は映画界に何があったのかな?

カテゴリ:映画記念日 > 俳優

12月9日はカーク・ダグラス氏の誕生日
1916年生まれ

マキシムCM

アメリカ合衆国俳優映画プロデューサー

映画『呪いの血(原題:en:The Strange Love of Martha Ivers)』で銀幕のデビュー。1949年にブロードウェイでもチェーホフの『三人姉妹』でアンドレイ役での出演を果たしたが、ダグラスはその活躍の場をハリウッドへ移す。シリアスな役柄が似合うイメージの傍ら、『海底二万哩』で見せた軽妙な演技や、創世記のテレビ番組『ジャック・ベニーショー』でのミュージカルパフォーマンス等、多彩なタレント性を持つ。1966年、FNS系列の番組『スター千一夜』に水野晴夫とのインタビューに応える形で出演し、その後1975年から1980年まで、味の素ゼネラルフーヅのコーヒー「マキシム」のCMキャラクターに起用されている。長男はマイケル・ダグラス。

主な出演作品

公開年邦題
原題
役名備考
1946呪いの血
The Strange Love of Martha Ivers
ウォルター・オニール
1947過去を逃れて
Out of the Past
ウィット
1948暗黒街の復讐
I Walk Alone
ディンク・ターナー
1949三人の妻への手紙
A Letter to Three Wives
ジョージ・フィップス
チャンピオン
Champion
ミッジ
情熱の狂想曲
Young Man with a Horn
リック・マーティン
1950ガラスの動物園
The Glass Menagerie
ジム・オコナー
1951死の砂塵
Along the Great Divide
レン・メリック
地獄の英雄
Ace in the Hole
チャック・テイタム
探偵物語
Detective Story
ジム・マクラウド刑事
1952ザ・ビッグ・ツリー
The Big Trees
ジム・ファロン
果てしなき蒼空
The Big Sky
ジム・ディーキンス
悪人と美女
The Bad and the Beautiful
ジョナサン
1953三つの恋の物語
The Story of Three Loves
ピエール
想い出
Un acte d'amour
ロバート・テラー
1954ユリシーズ
Ulisse
ユリシーズ
海底二万哩
20000 Leagues Under the Sea
ネッド・ランド
スピードに命を賭ける男
The Racers
ジーノ
1955星のない男
Man Without a Star
デンプシー・レイ
赤い砦
The Indian Fighter
ジョニー・ホークス
1956炎の人ゴッホ
Lust for Life
ヴィンセント・ファン・ゴッホゴールデングローブ賞 主演男優賞 (ドラマ部門) 受賞
1957将軍ベッドに死す
Top Secret Affair
メルヴィル・A・グッドウィン
OK牧場の決斗
Gunfight at the O.K. Corral
ドク・ホリデイ
突撃
Paths of Glory
ダックス大佐兼製作総指揮
バイキング
The Vikings
海賊エイナー兼製作総指揮
1959ガンヒルの決斗
Last Train from Gun Hill
マット・モーガン
悪魔の弟子
The Devil's Disciple
リチャード
1960逢う時はいつも他人
Strangers When We Meet (film)|Strangers When We Meet
ラリー・コー兼製作
スパルタカス
Spartacus
スパルタカス兼製作総指揮
1961非情の町
Town Without Pity
スティーヴ・ギャレット
ガン・ファイター
The Last Sunset
ブレンダン・オマリー兼製作総指揮
1962脱獄
Lonely Are the Brave
ジャック・バーンズ
明日になれば他人
Two Weeks in Another Town
ジャック・アンドロス
1963零(ゼロ)下の敵
The Hook
P・J・ブリスコー
秘密殺人計画書
The List of Adrian Messenger
恋のクレジット
For Love or Money
ドナルド
五月の七日間
Seven Days in May
ジグス・ケイシー兼製作総指揮
1965危険な道
In Harm's Way
ポール・エディトン中佐
テレマークの要塞
The Heroes of Telemark
ロルフ・ペデルセン教授
巨大なる戦場
Cast a Giant Shadow
ミッキー・マーカス
1966パリは燃えているか
Paris brule-t-il?
ジョージ・パットン
1967大西部への道
The Way West
ウィリアム・J・タブロック
戦う幌馬車
The War Wagon
ロマックス
1968ボディガード
A Lovely Way to Die
ジム・スカイラー
暗殺
The Brotherhood
フランク兼製作
1969アレンジメント/愛の旋律
The Arrangement
エディ・アンダーソン
1970大脱獄
There Was a Crooked Man...
パリス・ピットマン・Jr
1971カーク・ダグラスとユル・ブリンナーの 世界の果ての大冒険
The Light at the Edge of the World
ウィル・デントン兼製作
雨のパスポート
To Catch a Spy
アンドレイ
1972ザ・ビッグマン
Un Uomo da rispettare
スティーブ・ウォレス
1974悪魔の生物教師
Mousey
ジョージ・アンダーソンテレビ映画
1975明日なき追撃
Posse
ハワード・ナイチンゲール兼監督・製作
いくたびか美しく燃え
Once Is Not Enough
マイク・ウェイン
1976マネー・チェンジャース/銀行王国
Arthur Hailey's the Moneychangers
アレックステレビ・ミニシリーズ
エンテベの勝利
Victory at Entebbe
ハーシェル・ヴィルノフスキーテレビ映画
1977悪魔が最後にやってくる
Holocaust 2000
ロバート・ケイン
1978フューリー
The Fury
ピーター
1980スペース・サタン
Saturn 3
アダム
悪夢のファミリー
Home Movies
マエストロ
ファイナル・カウントダウン
The Final Countdown
マシュー・イーランド艦長兼製作総指揮
1982スノーリバー/輝く大地の果てに
The Man from Snowy River
ハリソン
1983愛に向って走れ
Eddie Macon's Run
バスター
1984ザ・グレート・ファイター
Draw!
ハリー・ホランドテレビ映画
1986タフガイ
Tough Guys
アーチー
1987クィニー
Queenie
デヴィッド・コーニングテレビ映画
1991オスカー
Oscar
エドゥアルド
1994遺産相続は命がけ!?
Greedy
ジョーおじさん
1996ザ・シンプソンズ
The Simpsons
声の出演
2003グロムバーグ家の人々
It Runs in the Family
ミッチェル・グロムバーグ

表彰

カークは過去、アカデミー主演男優賞に『チャンピオン』(1949)、『悪人と美女』(1952)、『炎の人ゴッホ』 (1956年)、3作品でノミネートされたがいずれも受賞に至っていない。

また、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム、6263 Hollywood Blvdに星が埋め込まれ祀られており、2004年10月にはパームスプリングス国際映画祭がカーク・ダグラスに敬意を表して大通りに『Kirk Douglas Way』の名を冠した。


12月9日はジョン・マルコヴィッチ氏の誕生日
1953年生まれ

映画『RED/レッド』ワンシーン
ブルース・ウィリスにモーガン・フリーマン、ジョン・マルコヴィッチら大物俳優たちが集結したスパイ・アクション・ムービー。
 
アメリカ合衆国俳優映画プロデューサー

主な作品

出演

公開年邦題
原題
役名備考
1981新聞記者の信疑
Word of Honor
ゲイリーテレビ映画
1984プレイス・イン・ザ・ハート
Places in the Heart
ウィル氏
キリング・フィールド
The Killing Fields
アル・ロックフォス
1985セールスマンの死
Death of a Salesman
ビフテレビ映画
プライムタイム・エミー賞助演男優賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門)受賞
哀愁のエレーニ
Eleni
ニック
1987新生人 Mr.アンドロイド
Making Mr. Right
ジェフ・ピーターズ / ユリシーズ
ガラスの動物園
The Glass Menagerie
トム・ウィングフィールド
太陽の帝国
Empire of the Sun
ベイシー
1988マイルズ・フロム・ホーム
Miles from Home
バリー・マクスウェル
危険な関係
Dangerous Liaisons
ヴァルモン子爵
1990シェルタリング・スカイ
The Sheltering Sky
ポート・モレスビー
1991クイーンズ・ロジック/女の言い分・男の言い訳
Queens Logic
エリオット
幸福の選択
The Object of Beauty
ジェイク
1992ウディ・アレンの影と霧
Shadows and Fog
道化師
二十日鼠と人間
Of Mice and Men
レニー・スモール
ジェニファー8
Jennifer Eight
セント・アン捜査官
1993生きてこそ
Alive
年老いたカルロス・"カルリトス"・パエス(ナレーター)クレジットなし
ザ・シークレット・サービス
In the Line of Fire
ミッチ・リアリー
真・地獄の黙示録
Heart of Darkness
クルツテレビ映画
1995メフィストの誘い
O Convento
マイケル
愛のめぐりあい
Beyond the Clouds/Al di là delle nuvole
ディレクター
1996狼たちの街
Mulholland Falls
トーマス・ティムズ
ジキル&ハイド
Mary Reilly
ヘンリー・ジキル博士 / エドワード・ハイド氏
ある貴婦人の肖像
The Portrait of a Lady
ギルバート・オズモンド
魔王
The Ogre/Der Unhold
アベル
1997コン・エアー
Con Air
サイラス・グリッソム
1999仮面の男
The Man in the Iron Mask
アトス
ラウンダーズ
Rounders
テディ-KGB
見出された時 -「失われた時を求めて」より-
Le Temps retrouvé
シャルリュス男爵
マルコヴィッチの穴
Being John Malkovich
ジョン・ホレイショ・マルコヴィッチニューヨーク映画批評家協会賞 助演男優賞 受賞
ジャンヌ・ダルク
The Messenger: The Story of Joan of Arc
シャルル7世
2000シャドウ・オブ・ヴァンパイア
Shadow of the Vampire
ムルナウ
レミゼラブル
Les Misérables
ジャベールミニシリーズ
2001家路
Je rentre à la maison
ジョン・クロフォード(映画監督)
ノックアラウンド・ガイズ
Knockaround Guys
テディ・デザーブ
HOTEL ホテル
Hotel
オマー・ジョンソン
2002ダンス オブ テロリスト
The Dancer Upstairs
Abimael Guzman監督・製作兼任
リプリーズ・ゲーム
Ripley's Game/Il gioco di Ripley
トム・リプリー
キング・オブ・キングス
Napoléon
Charles Talleyrandミニシリーズ
アダプテーション
Adaptation.
本人クレジットなし
2003ジョニー・イングリッシュ
Johnny English
パスカル・ソヴァージュ
永遠の語らい
Um Filme Falado
ジョン・ワレサ船長
2004リバティーン
The Libertine
チャールズ2世製作兼任
2005銀河ヒッチハイク・ガイド
The Hitchhiker's Guide to the Galaxy
ハーマ・カヴーラ
アイ・アム・キューブリック!
Colour Me Kubrick
アラン・コンウェイ
2006アートスクール・コンフィデンシャル
Art School Confidential
サンディフォード製作兼任
クリムト
Klimt
グスタフ・クリムト
エラゴン/遺志を継ぐ者
Eragon
ガルバトリックス王
2007ベオウルフ/呪われし勇者
Beowulf
アンファース
2008ザッツ★マジックアワー ダメ男ハワードのステキな人生
The Great Buck Howard
バック・ハワード
チェンジリング
Changeling
グスタヴ・ブリーグレブ牧師
ミュータント・クロニクルズ
Mutant Chronicles
コンスタンティン
バーン・アフター・リーディング
Burn After Reading
オズボーン・コックス
2009メッセージ そして、愛が残る
Afterwards
ケイ
2010ジョナ・ヘックス
Jonah Hex
クエンティン・ターンブル
RED/レッド
RED
マーヴィン・ボッグス
セクレタリアト/奇跡のサラブレッド
Secretariat
ルシアン・ローリン
2011トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン
Transformers: Dark of the Moon
ブルース・ブラゾス
2012皇帝と公爵
Linhas de Wellington
2013ウォーム・ボディーズ
Warm Bodies
グリジオ大佐
ゴッド・オブ・バイオレンス/シベリアの狼たち
Deadly Code
クジア
REDリターンズ
RED 2
マーヴィン・ボッグス
2014カットバンク
Cut Bank
ローランド・ボーゲル保安官
クロスボーンズ/黒ひげの野望
Crossbones
エドワード・ティーチテレビシリーズ、計9話出演
ペンギンズ FROM マダガスカル ザ・ムービー
Penguins of Madagascar
デーブ声の出演
2016ズーランダー NO.2
Zoolander 2
Chazz Spencer
バーニング・オーシャン
Deepwater Horizon
ドナルド・ヴィドリン

12月8日はドミニク・モナハン氏の誕生日
1976年生まれ

ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還
 

イギリスの俳優。
ロード・オブ・ザ・リング』にてホビットメリー役を獲得し、3部作すべてに出演。同シリーズ終了後はアメリカの大人気ドラマ『LOST』やイギリス映画に出演しました。

2004年からドラマ『LOST』で共演したケイト役のエヴァンジェリン・リリーと交際し婚約、2007年には破局が伝えられたが、2008年TV撮影のために行ったアルゼンチンで一緒にいるところを目撃されている。

彼の右腕には、映画『ロード・オブ・ザ・リング』で共演した「指輪の仲間」の内の幾人かと同様に、エルフ語で"9"を表す文字のタトゥーが彫られている。また、左腕にはビートルズの「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」の一節より"Living is easy with eyes closed"と、左の足首には2つの星のタトゥーが彫られているそうです。

主な出演作品

映画

テレビドラマ

テレビドラマ(ゲスト出演)

すまけい
2013年78歳で死去

キネマの天地
 
太田豊治と「すまけいとその仲間」を結成。『ゴドーを待ちながら』などの翻訳劇で伝説的な舞台をつくり好評を博し、斬新な翻案・演出から「アングラの帝王」と称された。1972年(昭和47年)に解散の後は、一時演劇界から遠ざかった。1985年(昭和60年)に劇団こまつ座より誘われて『日本人のへそ』で舞台に復帰、『人間合格』『父と暮せば』といった井上ひさし作品などで活躍した。また、1986年(昭和61年)には山田洋次監督の映画『キネマの天地』に出演し第29回ブルーリボン賞助演男優賞など各賞を受賞、映画『男はつらいよ』シリーズにも度々出演して存在感を発揮した。

映画

大川橋蔵
1984年55才で死去

 
二代目 大川橋蔵。1955年(昭和30年)、マキノ光雄の誘いに応じて東映に入社。デビュー作は『笛吹若武者』。東千代之介中村錦之助・市川雷蔵・大川橋蔵の四人は、「二スケ二ゾウ」と呼ばれ、橋蔵も若手時代劇スターを代表する一人として昭和30年代の日本映画黄金時代の立役者となっていく。

特に『若さま侍捕物帖』や髪形を総髪にして中性的な主人公像を具現した『新吾十番勝負』シリーズなどが当たり役で、『海賊八幡船』などの大作もある。本人は素顔は頑固な理論派であったが、美形剣士スターとして娯楽に徹したといわれ、町人やヤクザを演じていても武士のような品の良さを醸し出す演技だった。しかし大島渚監督作品の『天草四郎時貞』以降、そのイメージを破りリアリズムに徹した演技にも挑戦している。

昭和30年代後半に東映がヤクザ映画に路線転換していくと、舞台やテレビに活動の場を移した。私生活では映画で共演した女優・朝丘雪路との噂も報じられたが、祇園で馴染みの芸妓であった沢村真理子と1966年(昭和41年)3月に結婚した。その年の5月からフジテレビで『銭形平次』が放映開始。映画では長谷川一夫主演によるシリーズで知られるが、以後終生にわたる当たり役となった。

1984年(昭和59年)4月4日、『銭形平次』が最終回を迎え、18年間で888回に及ぶ長期シリーズに終止符を打った。この時点で「1人の俳優が同じ主人公を演じた1時間ドラマ」としては世界最高記録となり、ギネスブックに認定されている。最終回には、デビュー作で共演した美空ひばりもゲスト出演している。

『余談』 
このブログを運営している私の人生初の映画は、母に連れられて観た『新吾十番勝負』だと記憶している。

主な出演

映画

  • 若さま侍捕物帖シリーズ(1956年 - 1962年)
    • 1956年 『若さま侍捕物手帖 べらんめえ活人剣』、『若さま侍捕物手帖 地獄の皿屋敷』、『若さま侍捕物帖 魔の死美人屋敷』
    • 1957年 『若さま侍捕物帖 鮮血の晴着』、『若さま侍捕物帖 深夜の死美人』、『若さま侍捕物帖 鮮血の人魚』
    • 1958年 『若さま侍捕物帖 紅鶴屋敷』
    • 1960年『若さま侍捕物帖』
    • 1961年 『若さま侍捕物帖 黒い椿』
    • 1962年 『若さま侍捕物帖 お化粧蜘蛛』
  • 新吾十番勝負シリーズ(1959年 - 1964年)
    • 1959年 『新吾十番勝負』、『新吾十番勝負 第二部』
    • 1960年 『新吾十番勝負 第三部』、『新吾十番勝負 完結篇』
    • 1961年 『新吾二十番勝負』、『新吾二十番勝負 第二部』
    • 1963年 『完結篇 新吾二十番勝負』
    • 1964年 『新吾番外勝負』
  • 草間の半次郎シリーズ(1957年 - 1960年)
    • 1957年 『喧嘩道中』
    • 1958年 『旅笠道中』
    • 1959年 『おしどり道中』
    • 1960年 『草間の半次郎 霧の中の渡り鳥』
  • 紫右京之介シリーズ(1963年 - 1964年)
    • 1963年 『右京之介巡察記』
    • 1964年 『紫右京之介 逆一文字斬り』
  • マミー・トミーコンビ
    • 1955年 『笛吹若武者』(デビュー作)、『旗本退屈男 謎の決闘状』
    • 1956年 『おしどり囃子』、『ふり袖太平記』、『ふり袖捕物帖 若衆変化』
    • 1957年 『大江戸喧嘩纏』、『ふり袖太鼓』
    • 1958年 『丹下左膳』、『花笠若衆』
    • 1959年 『忠臣蔵 桜花の巻 菊花の巻』、『水戸黄門 天下の副将軍』、『血闘水滸伝 怒濤の対決』
    • 1961年 『幽霊島の掟』
    • 1962年 『お坊主天狗』
    • 1963年 『勢揃い東海道』
  • 平安物
    • 1956年 『曽我兄弟 富士の夜襲』
    • 1959年 『紅顏の密使』
    • 1961年 『富士に立つ若武者』
    • 1962年 『恋や恋なすな恋
  • 忍者
    • 1961年 『赤い影法師』
    • 1964年 『風の武士』
  • その他
    • 1956年 『江戸三国志』三部作
    • 1959年 『恋山彦』、『血槍無双』、『雪之丞変化』
    • 1960年 『大江戸の侠児』、『海賊八幡船』、『炎の城』、『壮烈新選組 幕末の動乱
    • 1961年 『赤穂浪士』(浅野内匠頭)、『月形半平太』
    • 1962年 『大江戸評判記 美男の顔役』、『天草四郎時貞』(大島渚監督作品)
    • 1963年 『この首一万石』
    • 1964年 『御金蔵破り』、『幕末残酷物語』
    • 1965年 『バラケツ勝負』(橋蔵が主演した唯一のチョンマゲでないヤクザ映画)、『大勝負』、『任侠木曽鴉』
    • 1966年 『旗本やくざ』(この映画を最後に、テレビへ移る)
    • 1967年 『銭形平次』(テレビ版銭形平次の人気を受けて制作)

テレビドラマ

  • 銭形平次』(1966年 - 1984年、CX / 東映京都) - 銭形平次
  • 時代劇スペシャル(CX)
    • 『沓掛時次郎〜この愛に命をかけた流れ旅 』(1981年4月17日 / 東映京都) - 沓掛時次郎
    • 『荒木又右衛門 決闘鍵屋の辻』(1982年5月14日 / 東映京都) - 荒木又右衛門
  • 平岩弓枝ドラマシリーズ 蝶々さんと息子たち』(1984年5月 - 6月、CX)

このページのトップヘ